土地・建物オーナー様へ

お持ちの土地・建物を横浜市の放課後児童クラブに提供してみませんか?

空き地・戸建て・集合住宅・テナントなど

新たな活動場所や、引っ越し先を探しています!

NPO法人横浜市まちづくりセンターと横浜市は「放課後児童クラブ」の児童に安全・安心な生活の場を提供できるよう、連携しています!!

横浜市の放課後児童クラブは、地域の方や保護者の方が自主運営する運営委員会方式が多く、平日は働きながら運営に携わっているため、基準適合に向けた、建物の耐震化や引っ越し先の物件探しの問題に苦慮されています。
建物の耐震基準を満たしていない、または受入児童数が多いために条例で定めた面積基準を満たしていない「放課後児童クラブ」が、平成31年度末までに基準に適合した活動場所を確保し、児童に安全・安心な生活の場を提供できるよう、横浜市と連携して、横浜市放課後児童クラブの耐震化促進と物件探しの支援を行っています。


地域に密着した社会支援・子育て支援にご協力ください



横浜市放課後児童クラブとは

児童福祉法に基づく、労働等により昼間保護者のいない家庭等の小学生が過ごす居場所です。

開設日 毎週月曜日から土曜日
開設時間 [平日] 放課後~午後7時(クラブにより延長あり)
[土曜日、長期休業期間等] 朝~午後7時(クラブにより延長あり)
入所者数 1クラブあたり平均43人
基本的な物件の条件

クラブの活動場所は、市で定める面積基準と耐震基準を満たしている建物であることが必要な条件です。
戸建て形式、集合住宅、テナント、などいずれも可ですが、次の【面積基準】【建物の構造】に該当する物件の情報提供をお願い致します。


☆土地をお持ちの方で、これから建設いただくことも大歓迎です!!

面積基準 専用区画(児童が生活する区画)の面積が、児童1人あたり1.65㎡以上ある
※クラブによって必要な専用区画の面積が異なります。
建物の構造

下記の①②いずれかの建物
①昭和56年6月1日以降に建築確認を取得し、検査済証の交付を受けている建物
②耐震診断の結果「地震の震動及び衝撃に対して倒壊または崩壊する危険性が低い」
 と診断されている建物

☆専用区画の面積や建物の構造の該当確認のために、アドバイザーを無料派遣しています!!

賃  料 月額概ね20万円以内が望ましい (クラブに対する市から賃借料の補助制度があります。)

放課後児童クラブに物件をご紹介いただける方は、下記問合せ先までご連絡ください。

【連 絡 先】 NPO法人横浜市まちづくりセンター(横浜市との連携事業者)
        TEL:045-315-4089 FAX:045-315-4099 E-mail:info@machisen.org

【事業所管課】 横浜市こども青少年局放課後児童育成課

TOP